高齢者施設の現状について

img-1

高齢者社会に対応して、次々と老人ホームやデイサービスなどの施設が建設されている今日この頃。



介護保険が利用できたとしても、民間の施設の利用料はとにかく高額です。
高齢者が介護を必要とする時期は、誰もが同じというわけではありません。

少しずつ悪化していくと言うのなら「もうそろそろ特別養護老人ホームの申請をしよう」と思えますが、突然倒れて寝たきりの状態になる事は少なくありません。介護の時期は待ったなしで訪れます。



特別養護老人ホームは国が運営している高齢者施設で、入所希望を申請するとポイントが加算されます。



ポイントには、介護度や認知症の症状、家族の状況などが反映します。



希望した高齢者施設に空きが出ると、ポイントの高い人から入所できます。


ですが、入所までにはとても時間がかかります。



大体2年前後と言われています。

しかも、介護をしたいと思っても、ご家族の状況は様々です。今、この瞬間から介護しなければいけないとしたら、すぐにその体制に入れる方はどのくらいいらっしゃるのでしょう。
できることなら、民間の高齢者施設が安くなると助かるのですが、そういった民間の施設もぎりぎりで運営しています。



介護をするために仕事を辞め、生活保護を受けながら生活をしなければいけなくなるご家庭も増えていきます。



そうなると、悪循環になる事は誰の目にも明らかです。外国の税制度を参考にするのもいいのですが、今のこの悪事循環が解決する糸口はいつ見つかるのでしょうか。

まだ少ないですが、最近は高齢者住宅というものがあります。



形式的にはマンションに一人暮らしということになっていて、ヘルパーステーションやクリニックが併設されています。


24時間態勢になっていて、安い所は民間の施設の約半額。増えていくといいですね。


関連リンク

img-2
高齢者施設を選ぶなら

高齢者施設と一口に言っても種類はたくさんあります。昔からある養護老人ホーム、特別養護老人ホームなど入所型もあれば、日帰りのケアを行う介護施設まで用途はさまざまです。...

more
img-2
高齢者施設の選択基準

高齢者施設を選ばなくてはならないとしたらどのような施設を選ぶでしょうか。身体の自由がきかない、すべてを人の手にゆだねるしかないという場合なら、老人保健施設入居や特別養護老人ホーム、介護老人施設、療養型の病院を選ばざるを得ないでしょう。...

more
top