高齢者施設を選ぶなら

img-1

高齢者施設と一口に言っても種類はたくさんあります。



昔からある養護老人ホーム、特別養護老人ホームなど入所型もあれば、日帰りのケアを行う介護施設まで用途はさまざまです。



ひとりひとりの好みに合った施設を選ぶ必要があるでしょう。



最近では、ほとんどマンションや戸建てのようなごく普通の住居を分譲し、毎日ヘルパー訪問や医師の往診、病院送迎、ショッピングセンターなどへの送迎、希望者には日々の食事までをセットにしたものもあります。



何人かで暮らし、そこにヘルパーや看護師が通ったり泊り込んだりするグループホームなどもあり、今までの高齢者施設の内容とは違ってきています。



病院と変わらない建物に、何人も一緒の部屋に詰め込まれ、寝たきりになる、というようなイメージとは程遠いです。



ごく普通の住居に暮らしているが、介護サービスが受けられ、家族と暮らす以上の頻度で顔を合わせるような高齢者施設も多いです。そこでできた友人とサービスにくみこまれた送迎でショッピングにでかけたり、サークル活動を行っている方々も多く見受けられます。

そういった高齢者施設は病院と提携していることがほとんどなので、なにかあったときはすぐに病院受診が可能です。



入院中も施設使用料がかかる場合もありますが、分譲サービスのところは退所扱いにはなりませんので、退院時は同じようにもとの住居に戻ることができます。

もちろん介護度や支援度が上がればもとの施設に戻ることが困難な場合もありますが、そういった場合は医療相談員に相談するとよいでしょう。



関連リンク

img-2
高齢者施設の選び方は状況によって変わります

高齢者になると一人だけでは生活が困難になることが多く、なるべく早い段階で高齢者施設に入れる必要があります。介護度が高くなってから決めるのではなく、介護度が低い時にある程度絞り込んでおくことが必要です。...

more
img-2
高齢者施設の現状について

高齢者社会に対応して、次々と老人ホームやデイサービスなどの施設が建設されている今日この頃。介護保険が利用できたとしても、民間の施設の利用料はとにかく高額です。...

more
top